リョナゲー紹介――『淫界の砦-Fort of the Naughty World-』


2016/4/11



探索型脱出ゲーム風エリョナ系ゲーム
淫界の砦-Fort of the Naughty World-

の紹介です。

製作は“猫拳”様。



最近、長めの記事が多かったので、
今回のリョナゲー紹介は文章短めにまとめます。


さて『淫界の砦』
探索型脱出風ゲームで、
触手と虫が中心の“着衣エロ作品”です。

2Dのイラストと3Dのイラストのバランスが丁度良くてかわいいです。


“探索型脱出ゲーム”……というジャンルでくくられるゲームですが、
ゲーム形式にはなっているものの、謎解きで悩む要素はなく、サクサク進めます。
エロシーン集に簡単なゲーム要素が合わさっている形式の作品です。


例えば上の画像には、
半開き状態の木箱が設置してあります。

これをそのまま無視して進もうとすると――――。


木箱の中から触手が飛び出し、ゲームオーバーに。
そのままリョナシーンに入ります。

では、どうすれば先に進めるのかと言うと……。




木箱のある部屋の1つ手前の通路に、
簡単な分かれ道があるので、そちらに進むと、
通路の行き止まりの部分に“石”が落ちています。

この石を拾って――。



さきほどの木箱に乗せて蓋をします。

この状態なら先へ進もうとしても、
木箱から触手が飛び出してくることはなく、
安全に進むことが出来ます。



このような簡単な謎解きが“7ステージ分”用意されています。
本格的な探索ゲームがしたいという方には物足りないと思いますが、
頭を使うのが面倒くさいという方にはありがたいゲーム構成ではないでしょうか。



説明した通り謎解き部分は単純明快ですが、
簡単ながらもバリエーションは多いです。

ステージごとに新しい仕掛けが登場するので、
謎解きゲームとして全く楽しめないことはないです。
チュートリアルステージが好きな方にはオススメです。





気になるリョナシーンですが、
本来“リョナ”というジャンルの括りで販売されている訳ではないので、
基盤はあくまでもエロゲーです。


それでも、
リョナゲーとして作られているゲームではないですが、
シチュエーションは、虫リョナだったり、丸呑みだったり、
リョナいものが多いです。





ボイスがしっかりついているのも魅力的です
よくあるような短いエロボイスを組み合わせて再生する感じではなく、
シーンに合わせた、専用のしっかりとした長めのボイスが収録されています。
声優の“山田じぇみ子”さんの演技が素晴らしいです。

苦痛系の発言が多めで、
涙ぐんだ声が印象的です。
アニメーションと合わせてリョナ好きの方も満足出来る仕上がりだと思います。
リョナられボイスが好きな人には特にオススメです。


尚、最初の方にも書きましたが、
着衣エロメインの作品です。

(そうでないものも数種類は用意されていますが)


丸呑みっぽい要素も含まれています。
3Dイラストということもあり、よく動きます。

消化などのグロ要素はありませんが、
「食べられたくない」と、
嫌がってる様子が、動作や声から伝わってきます。



謎の生き物の口の中に引きずり込まれていきます。

画像の下の方に8つのアイコンが見えますが、
一度見たリョナは、このようにギャラリーモードで、
全8種の好きなリョナシーンを好きな時に眺めることが出来ます。




最後になりますが、“猫拳”様製作の、
『淫界の砦-Fort of the Naughty World-』
操作ヒロインがほんわかしてて可愛いのが特徴です。
ここから大変なことになるので、
気になる方は是非……!




体験版も用意されてあります。


淫界の砦-Fort of the Naughty World- DLはコチラから!