リョナゲー紹介――『SaDistic BlooD』

2020/03/22

今回は、
『SaDistic BlooD』
というゲームの紹介です。

製作会社は“BLACKCyc(ブラックサイク)”様。
制作スタッフは“和泉万夜”“上田メタヲ”になります。

たった2人でこのクオリティのゲームを作れるのは凄すぎる……!
グリョナ尽くしかつフルボイスで超オススメです!
DLはコチラから!

--------------------------------------------------------------------------------

主人公の“園原由奈”さん。
凛々しい雰囲気な吸血鬼
こういうお姉様系の恰好いい女の子が、
メインでリョナられる作品ってあまりないのですが、
『SaDistic BlooD』では、
かなりハードに切り刻まれます。

しかも全編ボイス付き。

強い女の子を悲鳴で喉が潰れるほどに痛めつける。
それがこの作品の素晴らしいところです。


--------------------------------------------------------------------------------

硫酸を体内に流し込んだり、首を切り落としたり、腹を切り裂いたり。
グリョナ成分が高め。


ゲームの構成としては、
分岐が多めで、
こういった拷問からの死亡エンドが沢山用意されています。
マルチエンディング形式な分、きっちり殺してくれます。

そして主人公たちは吸血鬼である設定なので、
普通の人間よりも少し身体が頑丈です。

だから拷問シーンも1つ1つがたっぷり長い。

普通のゲームならここで拷問シーンも終わりか、
……というところから、さらに続く拷問シーン。

「それから辛い日々が始まるのだった」
なんてナレーションで終わりかと思いきや、
その辛い日々を丁寧に描写してくれます。
むしろそこからが本番。

--------------------------------------------------------------------------------

こちらは吸血鬼ハンターの“榊 優衣架”さん。
部下に裏切られて体内から内臓を触手で掻き出されているシーン。

知的で優秀なメガネっ娘で、
こちらも他のリョナゲーではあまり見られない設定じゃないでしょうか。

強く清く正しい女の子が、
部下のねじ曲がった欲望のせいで、
ぐちゃぐちゃにされるのがたまらない演出です。

勿論フルボイスです。

このシーンは公式でサンプルが用意されている部分なので、
少しリョナシーンのテキストを引用。
優衣架
「ぎゃあああぁッ!! ぎ、ぐわああぁッ!! い、痛いぃっ!!
 痛いっ、痛いぃっ、痛いぃぃぃぃっ!!!」

体内から襲って来る激痛に、優衣架が悲鳴を上げる。
過去、吸血鬼との戦いで重傷を負ったことはあるが、
それでもここまで絶叫したことはなかった。
同時に確かな死の恐怖が、彼女の心を蝕んでいく。
どんな時も心を強く持たなければならないと自分を律してきたが、
今はその心構えも通用しなかった。
優衣架
「(死ぬ……殺されるっ……!)」

全身が震えた。
目の端に涙が浮かんだ。
これから先、どれほどの苦しみを与えられながら殺されるのか。
それを考えると、恐怖で体が震えるのを抑えられなかった。
--------------------------------------------------------------------------------


まったく本編に関係ないミニゲームもこっそり仕込まれてます!

ボイス付きの商業作品としてはお値段もお手頃で、
無駄なストーリーに割く制作リソースを、
グリョナに割いてコストを抑えているような感じです。

……とは言えストーリーだけでも2~3時間分くらいのボリュームはありますし、
設定が面白かったり、ちょっと泣けるシーンがあったり。
私自身の満足度はかなり高いです。

現状、コストパフォーマンス最強のグリョナゲーだと思うので、
気になった方は是非!!

超オススメです!!!


DLはコチラから!