リョナラークエスト日記――2回目


2012/06/24


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんばんは。90です。
今回もリョナラークエストのプレイ日記を書いていこうと思います。
今回はシステムの紹介がメインになります。


前回は主人公のキャラメイクで終わりました。
そして今回は謎の男に声をかけられて……?


名前はモヒカンと言います。
主人公の先輩にあたる人物です。
リョナラークエストのヒロインの一人ですね。

○モヒカン
パンツ一丁の変態。20人以上の子分を従えており、東支部ではかなりの実力者である。
性格は好色で残忍だが、仲間には意外と親切だったりする。



「とりあえずアンタキモい。」

この発言を選択したときの、

モヒカン「よく言われる。」

この返答は大人と言わざるを得ません。
初対面の新人にキモいと笑われて、怒らない。
流石の器量の大きさですねw
何人もの子分を連れているだけはあります。



そして、
リョナラー連合東支部入門試験のためモヒカンに連れられて外へ。


左側が主人公です。イケメンです。

さて、入門試験はモッヒーとのガチ勝負です。
ここで戦闘についての簡単な説明をしておくことにします。

戦闘は攻撃、必殺のどちらかを選んで戦います。
ドラクエとかと同じ方式ですね。
攻撃はステータスの攻撃の値分のダメージを与えます。
必殺は様々ですね。その都度説明していこうと思います。
前回で主人公はチロルハレという吸収の力を手に入れているので、
「与えたダメージ分体力を回復」という必殺技を使うことが出来ます。
この必殺技は一体一の戦いではかなり有利になるんじゃないでしょうか。
実質2倍くらいのダメージを相手に与えられる訳ですからね。

ただし必殺技を使うにはSPが必要になります。
基本的に必殺技を使うには最低でも3SPが必要です。
チロルハレの場合、命中すると3SPを消費。外れると2SPを消費します。

あと、普通の攻撃でもSPを1消費します。
そしてSPが0の状態になると、攻撃力が半分となってしまいます。
リョナラークエストにおいて、このSPの使い方が重要となってきます。

戦闘中のLPやSPの回復については、
味方キャラに戦闘を代わってもらって、
戦闘をしていない状態でターンを終了することで回復出来ます。
(つまり、戦闘中のキャラ以外は全員がターン終了ごとに回復する)
1ターンごとに、LPはステータスの回復の値分、SPは1ポイント回復します。


あと、戦闘が終わるとLPやSPは自動で全回復します。
その代わりに疲労度というものがあるのですが、
これは後々説明していきます。

ちなみに、戦闘中にアイテム等は使えません。




――そして普通に勝ちました。
モッヒー弱いw
普通に攻撃連打してたら余程のことがない限り勝てます。
貰える経験値は50。少ない!


そんなモッヒーに施設の紹介をしてもらっていると、
カニバリストのオーガさんと出会います。

○オーガ
人を食うカニバリスト。人肉以外を食べることができない。
リョナラーではないが、食料が比較的簡単に手に入るので東支部に居座っている。


イケメンだけどロクな性格じゃねえwww


まあ何だかんだ打ち解けて、
主人公、モヒカン、オーガの3人で狩りをしに行くことになります。
標的は女剣士。
年齢は17歳くらい。
青い髪に簡素な胸当てと肩当てを装備していて、背丈は160程度。

ただし標的のいる森には〝ドーラドーラ”という魔女が住んでいるそうです。
魔女……いいですね。
不老不死ですよ!
最高ダネ!……と騒ぐメンバーたち。

主人公チームとは思えない物騒な発言。
これがリョナラークエストです。



……と、強制イベントはここまでで、
ここから自由に行動することが出来ます。

まずは、支部内の様子を紹介しておきます。
これが基本のメニュー画面となります。

○メンバー
メンバー変更やステータス確認が出来ます。
他にも構成員たちと話すことも出来ます。
毎章ずつ台詞が変わっていくので面白いものがあればその都度紹介していきます。

○施設
仕事を貰ったり、アイテムや情報を買ったりできます。
今のところはまだ、受けられる仕事や買える情報は無い様です。

○自室
セーブや経験点使用などを行うことが出来ます。
経験点使用などについてはまた今度説明することにします。

〇狩りへ
ダンジョンへ移動します。


パーティに加わらないサブキャラクターたちも、
魅力的な人が沢山登場するので色々見て回ると楽しいです。

受付をしているのは昔の戦闘で負傷して前線を退いたビリーさん。





リョナラー連合東支部内の説明は、
ざっとですが、こんなものですかね。


――では、ここからまた、
メインストーリーの方を進めていきます。

今回は赤い魔女の森攻略編です!

  【敵の強さ:★★☆☆☆☆☆☆☆】
  赤い魔女ドーラドーラが住んでいるといわれる森。
  彼女は心の優しい魔女で、森に迷い込んだ人間は家に泊めてくれて、
  翌日に魔法で森の外に送ってくれるらしい。



めっちゃいい魔女!w

これはリョナるのが楽しみですね!
へっへっへ。




ダンジョン攻略に入る前に疲労度について説明があります。
プレイ日記を見る上ではほとんど関係は無いと思うので、
説明続きで面倒だなという方は、飛ばして貰って大丈夫です。

まず、各キャラごとに最大LPの10%分、疲労度に余裕ポイントを持っています。
敵と遭遇すると疲労度が1ポイント蓄積されます。
疲労度が溜まっていくと、LP、SP、回復のステータスが一時的に下がってしまいます。
具体的に言えば、
LPは【疲労度×5%】
SPは【疲労度÷2】
回復は【疲労度分】の値分下がります。
ただ、疲労度は支部に戻ると全回復するので、あまり心配する必要はないです。
敵との戦闘も絶対に逃げられるので詰むことは無いです。


そういえば前回、
オーガとモヒカンの初期ステータスを見せていなかったので、
二人のステータスを見せつつ疲労度等の説明をしておきます。

疲労度ですが、現在-12となっています。
疲労度の余裕は最大LPの10%分なので、現在は余裕MAXということになります。
これが戦闘を重ねていくごとに、-11→-10→-9→……→0と増えていきます。
ここまでは特にマイナス効果はありません。
さらに戦闘を続けていくと0→1→2→……→16と増えていきます。
これが疲労度ですね。上で説明したように、LP、SP、回復のステータスが下がってしまいます。
つまり、オーガが万全の状態で戦闘に臨めるのは12回まで、ということですね。

ちなみにステータスですが、オーガはそこそこ能力が高いです。
回復と命中が低いですが、キラーバイトという協力な必殺技を持っています。
この技は必中で攻撃力1.5倍ということなので、オーガにとって命中なんて関係なかったりします。
という訳でオーガは基本的にキラーバイトを駆使して闘っていくことになります。


モッヒーは何だかんだ普通に弱いですw
必殺技は無しですね。
基本的にモッヒーは壁役を担当することになるでしょう。
そして回避が低いです。
漢は逃げない……ということでしょうかw
どうせなので命中、回避のステータスについても簡単に説明しておきます。

命中率は単純で、
【自分の命中-相手の回避】
の値によって決まります。
100-50=50%みたいな感じ。
ただし最高で95%、最低で5%です。
回避率はこの逆ですね。



さて、ようやくダンジョンの攻略に入ります。
ここまで長くなって申し訳ないです。
画面中央下部に映っている青いコマがプレイヤーです。



白い丸にぶつかると戦闘が始まります。
出現したキャラはオークソルジャーという敵です。
 ○オークソルジャー
 LP60 SP5
 攻撃20 回復2 命中60 回避5
 必殺 岩落とし(ダメージ+10、命中-10)

最初の敵なので特に注意すべき点はないですね。
油断しない限り負けることは無いでしょう。


敵も主人公達と同じように、何匹かの集団で襲い掛かってきます。
敵もメンバー交代などを積極的に行ってくるので、雑魚敵だからと舐めていると痛い目を見ます。
戦略を考えて良く必要があります。
ここでは毎ターンキャラの変更を行いつつ、威力の高いオーガのキラーバイトを中心に戦っていきます。
基本的にこのゲームではキャラ変更をしないメリットは無いと思われるので、
余程他のメンバーの体力がマズいとき以外は常にキャラを切り替えつつ闘うことになります。

このキャラクターを切り替えながらローテーションで戦闘をこなすのがRクエストのよさであり、
パーティメンバー全員が目立ち、それぞれが大事な役割を持っています。

画面の敵は死霊と言います。
 ○死霊
 LP52 SP5
 攻撃24 回復5 命中72 回避8
 必殺 闇の言霊(通常ダメージ、相手のSP-1)




敵キャラの紹介もどんどんやっていきましょう。
 ○イビルアイ
 LP70 SP4
 攻撃18 回復5 命中82 回避10
 必殺 イビルアイ(相手のSP-3)

必殺のイビルアイは非常に厄介です。
主人公とモッヒーは殴るだけなので関係ないですが、
オーガがはSPを3も削られると、キラーバイトを出せなくなりますからね。

今のところ主人公のチロルハレは出番なしですね。
LPや攻撃力があまり高くない上に、無駄にSPを消費してしまうので、
とりあえず今は普通に殴った方が効率がよかったです。




そしてダンジョン散策を続けていくと……?








精霊きたあああああああああああ!!!1

……とこんな風に、
各ダンジョン一匹ずつ、こんな可愛らしいモンスターが配置されています。
倒すとアイテムとして捕獲することが出来ます。
売ればお金になるので、暇があれば精霊を乱獲することにします。
昔は売る以外にも何か要素を考えてたらしいのですが、結局は無しということになったみたいです。
(※現在のverでは精霊を捕まえるといいことが起こるようになってます。)
 ○ドリアード
 LP90 SP5
 攻撃10 回復15 命中120 回避50
 必殺 なし






さて、左上に黄色いビックリマークがあるのが見えるでしょうか。
ビックリマークに触れるとイベントが始まります。

つまり……?





初のリョナシーンが近いということです!



テンション上げて行きますよ!
では早速ビックリマークに突撃。



モヒカン「標的に間違いねぇようだな!」

オーガ「そうだな。くお、準備はいいか?」

くお「おk」

オーガ「よし、行くぜ!」

モヒカン「おおぉぉぉーーーー!!」




ライカちゃんの登場。右側は護衛の人です。
魔女ドーラドーラをドーラ姉と呼んでいる様子ですね。
どうやら、ライカちゃんはドーラドーラと幼馴染らしいです。
昔はよく兄と二人でドーラドーラを泣かせてたみたいです。
ライカちゃん可愛い。泣かされるドーラドーラもかわいい。



モヒカン「おおおおぉぉぉぉぉーーー!!」

護衛「!?・・・・なんだ!?」

ライカ「モンスター!?」

オーガ「アホかぁ!!雄叫び上げながら奇襲する馬鹿がどこにいやがるんだ!!」

くお「ここにいた。世紀の馬鹿の誕生だ。」

オーガ「めでたいことだな、この野郎!」

くお「・・・・それで、一人でさっさと行ってしまった馬鹿はどうすればいい?」

オーガ「仕方ねぇ、援護に行くぞ!」

くお「ところで、モヒカンの仕事ぶりはいつもこうなのだろうか?」

オーガ「今日はいつにも増してひどい・・・・溜まってんのか、あいつ?」

くお(・・・・・今日、友は選ぶべきだという教訓を覚えた。モッヒーの馬鹿のおかげである。)



こうしてみると、オーガがリーダーポジションですねw
まあ先輩がアレだから仕方ないといえば仕方ない。



こんな感じで戦闘が始まります。
敵はライカ、護衛、護衛の3人。
この中でライカが一番強いっぽいので警戒していきます。
ちなみに経験値は誰にも振っていません。



初手はオーガのキラーバイト。
必中で威力1.5倍の強力な攻撃!
これを初手に出すというのは、
SPを効率よく回復させていくためですね。

そして、
オーガ→モヒカン→くお→オーガ
と順番にローテーションさせて行きます。
これでオーガのSPは4まで回復します。
丁度敵のローテーションはライカにまわってきたので、
ライカにキラーバイトをぶつけます。

2度のキラーバイトでライカの体力はかなり削れてきました。
あと一発で倒せそうです。
必殺技が厄介で、残りLPの少ないライカを優先的に倒すため、
ライカが出てくるまで、くおとモヒカンが時間稼ぎをします。
誰か一人でも倒されれば一気に不利な状況になるので、二人のLPには気を配ります。
チロルハレの回復量も底が知れてるので、頼りすぎにはしません。

そして、ライカが先頭に出てきたのを狙って。
キラーバイト!

無事、ライカを倒すことができました。
これで残りは護衛2人。
ここまでくれば楽勝ですね。
相変わらずオーガのキラーバイトを中心にローテーションを考えていきます。
護衛も1人倒して、ラスト1――。




モッヒーーーーーーーーーー!!!!!(泣




モッヒーの敵!
くおが万全の体調でチロルハレをぶっ放します!


残る護衛も倒し。
ついにお待ちかねの……。




しかしモヒカン気持ち悪いw
モヒカンはどんどん脱がそうとしていきますね。
服を着ている状態が一番いいと何度言えば……。

 ここから先はリョナシーンなので、
 リョナ嫌いな方は、飛ばしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~

強気な態度を取っているが、明らかに怯えているようである。
さすがに、打ち倒されて3人の男に囲まれていれば無理もなかろう。





ライカ「は・・・放せ・・・!やだ・・・!」


結局、モヒカンがすぐに服を脱がせてしまいます。
くおはライカを後ろから押さえつけています。
そして鞭を取り出して……。


モヒカン「へへ、オラァ!」

ライカ「ああぅっ!?」

モヒカン「へへ、どうだ?痛ぇか?」

ライカ「・・・・ふん・・・!これくらい・・・・!」

くお「おお、痛いぞ。俺にも当たったからな。」

モヒカン「・・・・すまん、手元が狂った。」

ライカ「・・・・武器の扱いが下手なんじゃない?そんなんじゃ、私を殺す前に仲間が死ぬわよ?」

モヒカン「へっ・・・それで挑発のつもりか?」

くお「ただの事実では?」

モヒカン「うるせぇぞ、コラ!」

ライカ「ふん、アンタたち仲間割ればかりね。そんな様子じゃ、警備隊に捕まるのも時間の問題だわ!」

こちらのマヌケぶりのせいで、萎えていた気が回復してきたらしい。
少し恐怖を与えてやる必要があるな。



ライカ「!?・・・・あ・・・・がぁぅ・・・・!」

なかなかうるさい娘だな。
しばらく声が出せないように首を締め上げてやろう。

ライカ「が・・・あ・・・ぅぅ・・・・!」

モヒカン「待てよ、声が出なくなっちまったらつまらねぇだろ。」

くお「・・・・それもそうだな。」

ライカ「げほっ・・・!げほっ・・・・!はぁっ・・・・はぁっ・・・!はぁ・・・・。」

モヒカン「さて・・・・それじゃ、もう一発お見舞いしてやるか!」

ライカ「くっ・・・!」

モヒカン「そら、もう一丁!」

ライカ「あ・・・ぐ・・・」

モヒカン「へへ、どうした!?もうギブアップか!?」

ライカ「痛っ・・・!痛い・・・!うぁぁぁぁ・・・・・・!」



ここからライカは完全に裸にされて鞭打ちはさらに強くなっていきます。
ですが私は裸が好きじゃないので画像うpはしません!!


ライカ「やめて・・・・もう、やめてぇ・・・・!」

ライカ「もう・・・もう、ぶたないでぇ・・・・!」

モヒカン「・・・ひ・・・ひひ・・・・!駄目だ、我慢できねぇ・・・・!」


~~~~~~~~~~~~~~~~~

……とまあ、今取り上げたのはゲームでのリョナシーンの一部でしかないので、
全部のシーンを画像付きで見たい方は実際にゲームの方をダウンロードしてやってみて下さい。

そして、ライカが殺される寸前。
魔女ドーラドーラの声が聞こえてきます。

魔女は国一つ滅ぼせる力を持つと言われているので、
くお、オーガ、モヒカンの3人は素直に逃げることにします。


ドーラドーラ「・・・ライカちゃん!?どうしたの!?しっかりして、ライカちゃん!」


【BOSSステータス】
  〇ライカ
  LP120 SP4 
  攻撃20 回復10 命中110 回避15
  必殺 ツインカット(ダメージ1.5倍、相手のSP-50%)

  〇ライカの護衛
  LP140 SP6 
  攻撃30 回復8 命中110 回避10
  必殺 強撃(ダメージ+20、命中-20)




次の回へ