リョナゲー紹介――『天使達よ殺し合え、カオスの力に導かれ』


今回は“アスロマ”さんの、
『天使達よ殺し合え、カオスの力に導かれ』
の紹介です。







作者サイトはこちら

ttp://uramangetsu.x.fc2.com/




 男が一人、地べたに座り込んでいる。
 男は一人、命の際に居た。



ギャンブルに負けて
一文無しになってしまった男“スリル”の前に、
“ムノー”という悪魔が現れ、
とある契約をさせられてしまうという話。

スリルはムノーを死ぬまで楽しませなければならず、
スリルは娯楽提供のために闘技場経営を考え付きます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、
『天使達よ殺し合え、カオスの力に導かれ』
というゲーム。
リョナゲーム製作所を覗いたことがある方なら、
そのタイトルに強烈なインパクトを植え付けられてるんじゃないでしょうか。




ゲームの内容は闘技場経営ゲーム。

闘士購入で、闘士(一応男もいる)を購入し、
興行で購入した闘士同士を見世物に戦わせ、
金を得て、さらに闘士を購入したり、施設を強化したり
というゲーム。


ストーリーモードでは、
「20ターン目に登場する強敵を8人がかりで倒す」
ことが、ゲームの最終的な目的となっています。






ではさっそく、
闘士を購入してみます。

ここではレイリとプディンヴェルを購入。
それから画像外でウィンとミスト(モブキャラ)も購入。



闘士を揃えたら、戦わせる組み合わせを決めます。



そして試合開始。

基本的にはダイスを振って、
出た目の能力を行使していく運ゲーです。


主人公の能力である、
“運命微動”により何回かは二人の出目を好きに操作することが出来ますが、
勝負を決める一番の要素は、単純な運。
とは言っても、両者とも仲間みたいなものなので、
どっちが勝てばいいというものでもありません><


ゲームが苦手な方でも安心です。
ラスボスも適当にダイスを振っているだけで十分勝てる難易度調整となっているので、
難しいことは考えず、サクサク進めるのがオススメです。


試合が終わると、
試合内容によって、儲けが出ます。

序盤は闘技者も施設も整っていないので、
少ない収入しかありませんが、
終盤になるとお金にもかなり余裕が出てきます。

経営系のゲームでは段々と収益が増えて
やれることが多くなっていくのが楽しいですね。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ストーリーモードでは、
一定のターンごとに、イベントが発生します。

基本的には文章のみで進行されますが、
文章が整っていて、
読みやすく、
ギャグ描写が多くて面白い。

 靴の舐める
  ↓
 手が悴んで契約書にサインできないなら、
 口付けでもいいよ
  ↓
 俺さっき靴舐めたけどいいの?
  ↓
 あ……ちょっ……


というような、
理に適ったギャグというか、
物語の流れの中に笑いがうまく組み込まれて、
ギャグを盛り込みつつも、
展開が途切れ途切れになっていなくて読みやすいです。


ちなみにプロローグでの口付けはムノーのファーストキスだったみたいです。
ムノーさん無能で可愛い。









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、ここからはリョナの話。

闘技場経営ゲームなだけに、
闘士が死んでしまうことも珍しくはありません。


各キャラにはステータスとして、
殺害率というものが設定されていて、
そのキャラクターが相手の闘士を倒した際に、
その確率分だけ相手を殺すことがあります。

すべての闘士個別に
遺言台詞が用意されているので、
全員分回収してみるのもいいかも知れません。
一度聞いた台詞は、おまけのギャラリーに記録されます。

さらに、
固有キャラクターの内、何人かは、
死亡CGが用意されています。


具体的には、
クゥ
エニカ
アミリー
エストファルナ
ミュゼ
レイリ
アザレア
ハートアイ
リリト
アイリス

の10人。


闘技場で殺されるというリョナの設定上、
グリョナに偏っているので、苦手な方は注意。

あと、性器表現がほぼ全員にあるので、
それが苦手な方も注意。

個人的にはアミリーのリョナが一番好きでした。


ミュゼも凄くいいのですが、微妙に映ってるのが(ry
レイリのグロさも好きです。


ちなみに、
闘士は基本的に募集キャラクターです。

モブキャラ絵、クゥ、エニカ、アミリー
“おいしい牛乳”さん。

エストファルナ、ミュゼ、レオーネ、レイリ、プディンヴェル
“もらぁ”さん。

クオン、イオン、アニス
“煙真”さん。

アザレア、アイリス
“血糊”さん。

ハートアイ
“あくの”さん。

リリト
“しろいの”さん。

ペルナ
“猫又ちな”さん。

……が、描かれています。豪華です。

ちなみに死亡シーン回収は、
ラスボス戦で行うのが非常に簡単。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後に、

このゲームの特徴として、
キャラエディットで、
オリジナルのキャラクターを参戦させることが出来る
ことが挙げられます。




こんな感じ。
※Maksさんに頂いたFAを勝手に使わせて貰ってます!ごめんなさい。

特に難しい設定は必要なく、
ゲームのメニュー画面に
キャラクターエディットモードというものがあるので、
PC触るの苦手な方でも簡単にキャラクリエイトが可能です。

100体まで保存可能です。





そして死んでいく神菜。
この画像では赤い画面になっていますが、
ここにイラストを入れることも可能だったりと、
自由度の高いエディットシステムになってるので、
やり方次第では、
面白い対決が出来たりするかも知れませんね。







ダウンロードはこちらからです!
ttp://uramangetsu.x.fc2.com/


ストーリーはそこまで長くなく、
サクっとクリア出来るので是非><