『CrackleCradle』ペンタブプレイ日記――7回目


2014/02/05 20:43


洒落にならない難易度になってきましたが、
奈々ちゃんでペンタブ縛り“CrackleCradle”プレイ日記。
ラスボス第二形態攻略編はじめます!


※リョナゲーにつきグロ注意です!!

いつも静かめなCrackleCradleにしては珍しくBGMが目立つボス戦ですが、
このトラウマBGMはどこかで聞いたことがありますね。




I wanna be the RUKIMIN!
ステージ3で私を苦しめた、鬼畜ステージと同じBGM!!

トラウマが抉られます……。


ちなみにBGMの詳細は、
『魔王魂』というフリーの音楽素材サイトの
“ネオロック32”というBGMですね。
URLはこちら
ttp://maoudamashii.jokersounds.com/






さて、このボスなのですが、
攻撃力が高いので、
2回攻撃を喰らってしまうと、
ほぼ確定でゲームオーバー
になってしまいます。

まあリトライをデスルーラの要領で
素早くこなせるという点では、第一形態よりも楽ですね。


攻撃範囲が広いですが、
予兆動作は見やすい部類
なので、
集中力を切らさずに何度も挑戦。



攻略方法としては、
スタート地点の場所(初期配置)くらいの距離感を保つということですね。


近づきすぎると攻撃の予兆が分かりにくい攻撃をされたり、
即死の噛み付き攻撃をされたり、
そもそも攻撃範囲が広すぎて分かっていても避けられないような攻撃をしてきます。

逆に離れすぎると、
下の画像のように、ジャンプしてのしかかりをしてきます。
この攻撃に押しつぶされても即死みたいなものなので、
なるべく中間距離を取って、
相手の攻撃パターンをある程度制限することが大切です。


結構体力を減らせたんじゃないでしょうか。
何度も言いますが、中距離戦法を繰り返すことが大切です。


リロードする際に相手から距離を取りたくなるかも知れませんが、
ジャンプ攻撃が本当に厄介なので、ぐっと我慢。

①攻撃時にはちょっと近づく(初期位置の距離程度)
から
②相手が攻撃をしてくる際だけ少し距離を取って避ける。

これを繰り返して、
リロードを行いたい場合は①の際に近づいてから行います。
近づく理由は、
このとき相手の攻撃が届く範囲内にいないと、
ほぼ確実にジャンプ攻撃を仕掛けてくるからですね。

近づいていてもジャンプ攻撃を仕掛けてくる場合がありますが、
この場合はジャンプをしながら移動をしていれば当たらないので、
それで回避をします。

奈々ちゃんが壁際に追いやられた際の切り替えしを行う際にも
相手のジャンプ攻撃をジャンプしつつよける技術は必要となってきます。

私の場合、
奈々ちゃんが左、敵が右
という配置でないと戦いづらさを感じてしまうので、
その調整も大変でした。

この切り返しをどうこなすかが勝負のカギとなります。



もうちょっとなのですけどね…………。
切り返しが本当に難しいです。

死因のほとんどが切り返しの失敗によるもの。

それとリロードの失敗が結構多いので、
今回も右クリック(サイドスイッチ)の利用によるリロードよりも、
一度弾を使い切ってからの左クリック(タッチ)を利用する方がよさそうです。

今回はタッチを連打することになるので、勢い余って、
リロードしてはまずいタイミングでリロードをしそうになってしまうこともあるので、
残り弾数にはいつも以上に注意が必要。


相手の攻撃の予兆の観察に、
残り弾数の確認。
相手との距離の取り方等の調節も必要だったりと、
とにかく気にすることの多いボス戦なので、
せめて奈々ちゃんや相手のHPは気にせずプレイすることが大切。

HPを見ていたりすると、
いつの間にか照準が画面の範囲外に出てしまって、
そこでタッチを行ってしまいCrackleCradleのゲームウインドウが待機状態になったりと、
しょうもないミスの原因になりかねないです。
集中大切!




説明が遅くなりましたが、
基本的な戦い方として、
相手の足の関節の位置を狙っていきます。


相手の目を狙わなければダメージは入りませんが、
足を何度か攻撃すると相手を一時的にスタン状態にすることが出来るので、
その隙に一方的にダメージを与えることが出来ます。

スタン状態にせずとも、
直接目を狙うことも出来ますが、
中距離を保っていると、どうしても足に妨げられてしまって、
目を狙うにも足を攻撃せざるを得ないのですが、
どの方法が一番効率がよいかは正直分かりません。

私の場合はスタンを積極的に狙っていったので参考程度に。


目を狙うのは画面外から行いました。
というのも、
スタン状態と言っても、
隙があるのは4秒程度という鬼畜仕様となっていて、
かつ復帰時に攻撃を仕掛けてくるので、
その攻撃の届く範囲外から攻撃をする
ということですね。

ボス戦には不向きな操作キャラですが、
画面外の的に攻撃できるというのは、奈々ちゃんだけの利点です。


スタンのタイミング次第では、
弾切れのタイミングと重なって、
ほとんどダメージが与えられないこともありますが、
スタンのタイミングを調整する余裕がなかったので、
多少は気にしつつも、ほとんどごり押しでした。




リョナい……。

なんかあんまりリョナの話してませんが、
普通にリョナいゲームなので、
今更ですけど、リョナ苦手な人は注意。

ゲームとしての出来がよすぎて、
リョナゲーということを忘れてしまいますね。

私はグロは好きですが、
粉々になるレベルのグリョナを見てエロいとは思わないので、
普通にグロいゲームをしているという感覚でやってます。
邪念がまったくないかというとそういうこともないですけどね。
死んでいく奈々ちゃん可愛いです。



あともう少しというところで…………。
もう敵のHPゲージ空じゃないですかー!


今回キャプチャ画像を見ても分かる通り、
あともう一歩なところで死んでるのが多いですね。






そして。




それでも諦めずに繰り返していくうちに…………




やっと倒せました!

達成感やばい。

脈拍やばい。



キャプチャ画像とらなきゃー!




え……。

それはないそれはない(汗





画像取ってる隙に死んでる(汗
完全に油断してました……。



何が起こったのかわからないですが、
倒した後も油断しない方が良さそうです。

最後っぺにやられたもよう。



倒した!(2回目)


今度は倒した後も距離をとって慎重に……。

慣れるとそれほどでも無い相手かもですね。
パターンなので意外といける……(狂気

でももうやりたくないです(涙




穴に入るとストーリーが進みます。



奈々ちゃん、涼子さん、幽紀さんの3人。
この施設から脱出するためのボートを発見。

これでやっと解放される。


涼子さんがボートのエンジンを入れますが――

……!


脳みそー。


……という訳で、あれですね。

要するに、

第3形態があるんです。






今までに戦った相手と比べても
本当に段違いに強い相手な上に、
レバガチャによりエラー不可避な強敵。

しかも、第2形態のときからそうでしたが、
ペンタブの操作でガンガンタッチをしてるので、
ろくに絵も描いてないのに、
ペン先の消耗が……(汗


こいつ倒したときには、
ペン先磨り減って使い物にならなくなってる可能性^^;




――それでも私は諦めない!


攻略方法はまだまだ試行錯誤中ですが、
ラスボス攻略は次回頑張ります!


次の回へ

ゲームのダウンロードはこちらから