ハナカンムリ○攻略日記――14回目


2015/03/28


今回の攻略ルート
喜怒哀楽の輪【喜】→喜怒哀楽の輪【怒】→喜怒哀楽の輪【哀】→喜怒哀楽の輪【楽】
→喜怒哀楽の輪【喜】→喜怒哀楽の輪【怒】
→裏切りの輪→裏切りの牢獄→続く回廊→希望の道






眠っているフィアちゃん。
前回、洞窟の奥へ進んでいると思いきや、
フィアちゃんは心の奥に閉じ込められてしまったようです。



喜怒哀楽の輪!編です。








さて、
この“喜怒哀楽の輪”というステージは特徴的。
【喜】 【怒】 【哀】 【楽】
の4つのステージから成り立っていて、
ある特殊な攻略法を取らなければ、
延々とこの4つのステージをループしてしまう
という、

いわゆる、

無限ループ

……なステージとなっています。







まず、
【怒】には“ロープ”が落ちています。


“ロープ”と“ハス葉”を
次の【哀】に持っていき、
右上の方へと進んでいくことで、
“星の種”が4つ手に入ります。
星の種は最大HPアップの効果があるので、
是非手に入れたいです。

ただし、注意点として、
ロープは次の【楽】に入る前に、
保管庫に預けておかなければいけません。

……というのも、


こちら。

【楽】のステージに、
吊橋の板をあえて落下させることによって、
入手する宝箱
が設置されています。

もしロープを誤って入手してしまった場合は、
【楽】に入る前に、保管庫に預けておきましょう。



宝箱の中には【虹のリング】
冷気と炎に耐性がつき、
水中での空気の減りが少なくなるアイテム
です。

「滝裏」にあった宝箱に入っていたものと同じなので、
必要ではないかも知れないですが、せっかく、
貴重なアイテムが簡単に手に入るので、入手しておきたいです。




【喜】に戻ると、“ブルーベリー”が落ちています。


このブルーベリーを使用すると、


何やら、鏡の中に赤く光る鍵が……?

これは“心の鍵”というアイテムで、
喜怒哀楽の輪から抜け出すための鍵となるアイテムです。

しかし【喜】のステージ内でこれを入手することは出来ません。


さて、この【喜】に設置されている鏡ですが、
これと同じものがどこかになかったでしょうか?

【怒】【哀】【楽】のどこかに設置されている同じ鏡を見つけて、
同じようにブルーベリーを使えば、
“心の鍵”を手に入れることが出来るという謎解きです。


ブルーベリーは【哀】で手に入れます。
メッセージのヒントが親切なので、
ちゃんと読みつつ進めば、混乱することはないと思います。

ちなみに、
【哀】でブルーベリーを食べると、
左側に宝箱が落ちてきますが、
ミミック的なモンスターなので、触れてはいけないです。




“心の鍵”はここにあります。
【楽】の上へ行ったところです。
ブルーベリーを使用することをお忘れなく。


心の鍵の入手後はまた【喜】に戻ります。

……すると、
【喜】の様子が少しおかしく……?



【怒】に入ってすぐの場所に、
新しい通路が出来ています。


こちらに進んでいきます。

ちなみに、
通路を無視して先に進んでいっても、
同じように話を進めることは可能です。




ちょっと手ごわいモンスターがいますが、
頑張って右へ抜けていきます。

無印ハナカンムリ通しプレイの、
最大の難所と言われている敵モンスターですね。


名前は“小人(ホムンクルス)”
フィアちゃんの精神が怪物として具現化したモンスターです。


今回は厳しい判定のキー入力イベントは無いので安心です。






家族の幻覚を見せられ、
速く引き返せと声をかけられます
が、
全部無視です。


左へ歩いてしまうと、
元のステージに戻されてしまいます。




そこを越えると、
“裏切りの牢獄”というステージです。

謎の生物(?)“畏怖の巨躯”がフィアちゃんを襲ってきます。



さらには、地面から、
“畏怖の手”族がフィアちゃんの妨害を。



“畏怖の巨躯”は“畏怖の手”の集合体で、
彼らには実体がないので、フィアちゃんの身体を欲しています。

このステージのギミックですが、
対応する鍵や宝玉は必ず手前に設置されてあり、
とってはいけない鍵や、
点灯してはいけない宝玉などは存在しないので、
難しいことは考えず、全回収しつつ前へ進めば問題無しです。




その頃、現実ではこんな感じ。



フィアちゃんの葛藤は続きます。






“続く回廊”
このステージは宝石をすべて点灯させたり、
消灯させたりしなければ進むことができないギミック。


“畏怖の巨躯”の動きはそこまで速くないので、
焦らなくても大丈夫です。



そこを越えると、
“希望の道”


「喜怒哀楽の輪」編最後の関門ですが、
ここが少々厄介。
“畏怖の手”族わざと投げ飛ばされて、
段差を飛び越えたりする
必要があります。


途中、画像の通り、
意味深な装置が置いてある場所がありますが、
こちらは『ハナカンムリ〇』本編とは関係ないです。
ノイジークラウン様の作品を通して回収される伏線のようです。



最後にこいつ!


とにかくまっすぐ!
ここまでくればあと少し……!

ここを越えれば無事、
喜怒哀楽の輪編クリアです。








――――――――――――――――――――――――――


さて、おまけリョナ紹介です。
今回は、本編が長くなってしまったので、短めに。



今回登場した、“畏怖の巨躯”に敗北した際のやられイベントの紹介です。


“畏怖の手”というやられイベント。

一応ボス戦扱いなので、
かなりボリュームのあるイベントとなっています。
台詞量や画像の差分が滅茶苦茶多いです。





エロよりのイベントとはなってはいるものの、
フィアちゃんが苦しんでいる表情を沢山見ることが出来るので、
満足な仕上がりです。

紹介画像として挙げているものは、ほんの一部で、
ゲーム本編では本当に豊富なCG数
そしてハードな内容となっています。

他のゲームと比べてみても、
このボリュームは凄いです。


値段もそこまで高くないので、
少しでも気になった方は是非……!



次の回へ

ハナカンムリ○ DLはコチラから!