ハナカンムリ○攻略日記――17回目


2015/04/15



今回の攻略ルート
岩盤の墓→光射す花畑→光射す花畑2→出会いの崖





“岩盤の墓”
画像の部分に分岐があるように見えますが、
実は上のルートは行き止まりになっているので無視して大丈夫です。

笛を使用して強引に突破しようと試みましたが、
見えない天井が用意されていました。


トゲトゲとエゴデビルは避けるのが難しそうですが、
このステージ内で求愛すべきポイントは無いので、
エゴデビルには引っ付かれても問題なしです。
気分的には落ち着かないかも知れないですけどね。

トゲトゲを避ける方法ですが、
これは上を飛び越すよりも、
下をくぐり抜けるようにした方が簡単
です。
「↓キー」2回入力でスライディングもできるので、
これも活用していきます。

とげとげは求愛することで、
回転速度をズラすことも出来ますが、
特にそうする必要は無いと思います。


大きなダメージは受けにくいステージですが、
落石も多いので、
体力消耗を抑えるために、
慌てず少しずつ進んでいきたいステージです。





“光射す花畑”
ハナカンムリではお花をキーワードにしたステージが多いのも楽しいですね。


画像の左側に太陽光が差し込んでいるような場所がありますが、
ここにフィアちゃんが立つことで、
気力を回復することができます。

ここに登場する“レッドアメーバ”という敵が、
気力を吸収してくるので、
万が一捕まってしまった場合は、太陽光を利用して回復しておきたいです。

レッドアメーバは求愛の効かない敵ですが、
勝手に穴に落ちていくことが多いです。
頭の悪いスライムです。





“光射す花畑”には宝箱があります
場所は途中の吊橋の下側です。



手に入るのは【太陽石】
炎に耐性ができ、常時ブルーベリー効果という凄まじいアイテムです。


ブルーベリーの効果は隠し通路を発見するときにも便利なので、
忘れず入手しておきたいアイテムです。
ゲームの最後までお世話になるアイテムです。

ここの宝箱は少し見落としやすい位置に設置されているため、
必ず忘れないように注意しておきましょう。




イベントを挟みます。

タイトルが「過去の記憶」となっていますが、
鳥さんの回想シーンです。

(恐らく)真ん中の男の人が鳥さん。
盗賊たちのリーダーだったみたいです。

「無理はするな。自分の命は何としても守るんだ」

そう言って鳥さんは、
バートにナイフを渡します。


バートが洗脳されやすそうなことを指摘したりと、
現状に繋がるようなことを言っていたりして、
なかなか面白い回想シーンです。




時間は現在に戻って、
捕まっているギア。

前回、ロッドとリーディを襲った盗賊二人ですが。
ギアはあっさりロッドに捕まった様子。
ロッドさんめちゃくちゃ強いです。


しかしギルバに洗脳されているバートは、
すでにリーディを攫っていった後で……。






視点はフィアちゃんに戻ります。

“光射す花畑2”

アギトトカゲさんに乗りつつ、
邪魔な柱を、宝玉を点灯することで下げながら、
先へ進む
というステージ設計。

慣れていない人は、
アギトトカゲさんの噛み付きは無視して、
ダメージを喰らいながら進んでもいい
かも知れないですね。

後半はふくろうさんに運んでもらいます。



そして、



母親リーディとの再会!

……ですが。



バートに気がつかれてしまいます。
フィアちゃんを追いかけてくるバート。





フィアちゃんはそんなバートを、
崖から突き落とします。



それから崖の上からジャンプしての踏みつけ攻撃


……おおお(・ω・`)






感動の再会――



――で終わるはずもなく、ギルバの再登場。





ギルバのお腹の中にいた鳥さんも最後の力を振り絞ってフィアちゃんに、
バートにあげたものと同じナイフを手渡します。

「フィア……守れ……このナイフで……自分を!」

リョナゲーとは思えないほどの熱い展開……。
物語は少年漫画的に王道なのがハナカンムリ○の特徴です。




さて、


“出会いの崖“でのギルバとの決戦!

ここで立ち絵を見るとフィアちゃんの表情が怒っているのがわかります。
ギルバとの戦闘中はこの表情をするのですが、
こういう小さい作り込みが素敵です。


ギルバはこちらを凍らせてくる危険な相手ですが、
戦い方さえ覚えておけば、そう苦戦する敵でもありません。

右の方にナイフが落ちていると思います。
これを拾うことで、
初めてフィアちゃんが攻撃を繰り出すことができる
ようになります。

求愛を使用するとナイフを落としてしまうので、
うまくナイフを拾いながら戦う必要があります。




求愛すると、地面から頭を出すので、
そのときにナイフを拾って「Xキー」で攻撃です。




ナイフ攻撃の連打をしていると、
ギルバの身体が赤く光り静止するので、
このタイミングで求愛


これを3回繰り返すことでギルバを倒すことが可能です。


ナイフを持った状態でギルバが背中側にいるときに求愛、
ナイフを拾いつつ、凍結の息を避けるために一旦遠くに回避

という方法が私の場合は安定でした。



トドメ!!!




……しかし、ギルバはめちゃくちゃしぶといです。

早く逃げたギルバを追いかけようと、メイちゃん。
が、その前に……。



鳥さんとのお別れを済ませます。








――――――――――――――――――――――――

鳥さん……。


おまけリョナコーナーです。

今回も無印ハナカンムリとの比較です。





ハナカンムリ○では今回テキストとアニメーションで済ませたバートとの対峙イベントでしたが、
無印ハナカンムリでは、母親を助けに崖を降りるかどうか選択することが出来ます。

何も考えずそのまま崖を降りた場合は画像の通りグサリ

降りなかった場合は、



この辺りは、そのままハカナンムリ○に引き継がれているみたいですね。


ギルバに対する攻撃も同様。

ただし無印ハナカンムリではギルバ戦が無いので、
代わりにこのようなイベントが用意されています。



「Zキー」連打のイベント。

これに失敗すると、

親子丼エンド!
貴重なリーディさんのリョナシーンも見ることが出来ます。


無印ハナカンムリには、
ハナカンムリのカケラを消費して、
好きなシーンからゲームを始められるという機能
があるのですが、
このシーンはハナカンムリのカケラの消費量0で見ることが出来るので、
ゲームを起動したあとに、すぐイベントを見ることも可能です。


親子丼エンドはハナカンムリ○でも健在で、
描写としてはこちらが圧倒的に丁寧です。



「埋められた花」という死亡エンドで、
ギルバに直接殺された場合に見ることができます。
(氷漬けにされてからの破壊では駄目です)

ちょっと私の好みではなかったですが、
2人まとめて串刺しにしたりと、
親子丼ならではの工夫が素敵なリョナシーンですし、
それ以上に台詞が感動的なので、
気になった方は是非……!




それから以前紹介しそこねていたゲームオーバーイベントもあるので簡単に紹介。
「復讐の怨念」
……という、バートによるリョナです。

今回、鳥さんが回想シーンでナイフをバートに渡していましたが、
そのナイフでフィアちゃんがとんでもないことになる死亡エンドです。

この死亡イベントを見るには少し工夫が必要で、

このように青い手紙が出現している状況で、
“深い奈落の底”を進むのではなく、戻る……と発生するイベントです。
青い手紙は洞窟内(轟く蟲の巣窟~)で何らかのイベントを見ていないと出現しないため、
かなり限定的なレアな死亡エンドだったりします。



次の回へ

ハナカンムリ○ DLはコチラから!