ハナカンムリ○攻略日記――19回目


2015/05/20


今回の攻略ルート
プラントウッズ→プラントウッズ2→プラントウッズ3




いよいよ最終ステージ!

-Area4-
復讐の怪物


です!




ここからは難易度が格段に上がってきます。


難易度が上がるというのは、
ゲーム操作の技術が必要ということではなく、
頭を使うことが必要になってくる……といった感じです。



まず最初の難関は
“プラントウッズ”

ここで必要なアイテムは、
はっか×1
ねじばな×2

です。




まず最初に悩むのがここ。

足場に茨が巻き付いています。

……が、
実はこの茨には当たり判定がありません。見かけ倒しです!
背景なので怯えなくても大丈夫!




続いてこちら
「ここではっかを使う」という看板が立っていますが、
看板の傍にははっかが落ちていないので、
さくさく進みたい場合は、持参する必要があります。

ステージの下側に必要なアイテムはすべて揃っているので、
はっかを持っていない人は、現地調達することも可能です。

ただし、敵がうようよしているので、
まず最初に右側の熊さんを求愛しておくのがオススメです。




“はっか”で足場に着地した次ですが、
ここから、さらに次の足場への距離が少し遠いので、

“ねじばな”を使ってジャンプします。


“ぜんまい”を使用しても突破することは可能ですが、
高くジャンプしすぎると、次の足場がカメラ外に行ってしまい、
着地地点を見誤って落下してしまう事故に繋がる
ので、
“ねじばな”による多段ジャンプで、
足場を視野に入れるように高さを微調整しつつ、
水平に移動するのがポイント
です。


次の足場への距離が離れているとは言っても、
ねじばなを使うと、かなり余裕があるので、
焦らず正確にが大切です。

どうしても苦手な方は、
“ハスの葉”を併用すると簡単になります。






続いて、
“プラントウッズ2”





水中エリアとなっています。


ヒントに書いてある通り、

虹のリングor水の宝珠
+
水着


を持っていれば目に見えるほど、楽に進めます。
“虹のリング”と“水の宝珠”の効果は重複しないのでお好みで。

※いずれか一つは必須で、
 アイテム無しでは突破できないので、
 何も持っていない人はアイテム回収をしてくる必要があります。




ピラニアにぶつかると大幅にタイムロスですが、
アイテムを揃えていれば、かなり慎重に進んでも余裕はあるので大丈夫。
水中エリアに抵抗のある人もいるかと思いますが、
アイテムさえ揃っていれば、案外たいしたことはないです!



ねずみ返しのような段差がありますが、
途中で“ハスの葉”を強制的に入手しているはずなので、
それを使って上へあがります。

草に隠れて若干わかりにくいですが、
ずっと左側に進んで行くと次のマップです。





“プラントウッズ3”

……はさらに長い水中ステージ
ですが、
水中には酸素供給ポイントも多々存在してるので、
アイテムさえ揃えていれば、やはり苦戦することはないハズです。


このステージは攻略方法が少し特殊です。

まず、入口付近にあるハスの葉は取らずに、
左側に押し込みます。




ハスの葉を押し込んだあとは、
フィアちゃんは下ルートを回り込んでから、
ハスの葉を足場にして“ぜんまい”で上に飛び乗ります。


“ぜんまい”はすぐ傍に固定で二つ配置されるので、持参する必要はありません。
このときハスの葉を回収してしまわないよう注意です。



ぜんまいが必要な箇所はもう一箇所ありますが、
万が一なくした場合でも
ハイジャンプとヘッドスライディングを駆使すれば強引に突破も可能。

ハナカンムリ〇は
ノーアイテムのアクションの幅は狭いと思われがちですが、
慣れてくると色んな動きができます。
楽しいです。


ここを越えるとイベントは挟んでボス戦なので、
ここあたりで“ラエフの花”を咲かせておきます。




パコちゃんとの再会。
宿敵リプラとの対峙――!






という訳で、
次回はリプラ戦です!







―――――――――――――――――――――――




おまけコーナーは今回も宣伝です!



URL:http://noisycrown.sakura.ne.jp/

ノイジークラウン様の公式ホームページが新しくリニューアルされました!

ロゴの楽譜がハナカンムリ〇のタイトルテーマの冒頭のBGMになっててオシャレです。


サイトのリニューアルに伴って、
音楽担当の立原風音さんが、
公式でBGM紹介としていくつか曲を公開しているので、
気になる方は是非聴きに行ってみてはいかがでしょうか!



何度も繰り返して言ってますが、ハナカンムリ○の良い点として、
BGMが完全オリジナルということが挙げられます。

聴いての通り、
普通の商業ゲームと比較しても何一つ遜色ないクオリティで、
これが、ゲームに入り込める最大の要因となっています。

クロノスフィアーで使用される曲数はかなり多いです。
ゲームBGMが好きな人はサントラとしても購入する価値ありかもです。


また、ホームページでは、
新規描き下ろしのイラストのついた、
登場人物紹介
や、
貴重な開発途中の画像が飾られているギャラリーなど、
色々とサービスがなされているので、
ぜひ見に行って頂けると嬉しいです。

BGMもイラストもプログラムも成長速度が凄いです。



次の回へ

ハナカンムリ○ DLはコチラから!