ハナカンムリ○攻略日記――22回目


2015/06/06


今回の攻略ルート
荒れた道の罠→荒れた道の罠2→死出の山道→決着の丘








前回の続きですが、
プラントプラントを倒すと、イベントが始まります。





リプラ
プラントプラント
ギルバ
ヒガンバナちゃん


――の過去編となっています。







お察しの通り、
この協力な磁気を帯びた石にリプラが命を吹き込んだのが、
“ギルバ”……となります。

本編では触れられていないですが、この岩形の状態を、

“ヌル形態”
……といいます。




ちなみに、

1戦目「生贄の幽谷」のギルバが
“アインス形態”




2戦目「出会いの崖」のギルバは、
地面に潜っている状態が“ツヴァイ形態”
頭を出して凍結の息を吐いてくる状態が“ドライ形態”


……という名称だったりします。




こんなイメージ。









「荒れた道の罠」


ここまで来ると、敵の配置も容赦ないです。
ギミックではなく、敵の配置で殺しに来ている感じです。


序盤のボス、“ハラワタムカデ”ですが、
なんとそれが2匹配置されています。

ただ、各モンスターごとに距離があるので、
焦らず一匹ずつ壁を挟んで求愛をすれば、
ハラワタムカデの攻撃でダメージを受けることはないはずです。

“ハスの葉”を利用すれば敵を大幅スルーして進むことも可能です。





続いて、
「荒れた道の罠2」
ここもモンスターラッシュです。

ここで気をつけるべきは、
多数配置された、“怨恨花”でしょうか。
油断していると、すぐに拘束されてしまいます。

植物系のモンスターが勢ぞろいしているので、
“活力の葉”などを利用すると、
圧倒的に楽になるかもです。

さくらんぼで求愛の力を高めておいてもいいかもですね。



そこを突破すれば、イベントに入ります。







不穏な空気。

レーニア関係はまだまだ謎が多いですね。

レーニア=スリーズの正体が明らかにされるのは、
また別のお話となります。



「死出の山道」

フクロウに捕まって山の頂上へ。
ここを越えればいよいよラスボス戦です!


ここにはクマさんが2体配置されていますが、
求愛を完了させて、クマさんに一気に左端まで運んでもらうと、
強制的に毒状態になるトラップが配置されてあります。

ただ、そこまで大ダメージを受ける罠でもないので、
結局クマさんに運んで貰った方が楽かも知れないです。


どんどん上へと進んでいきます。
ハナカンムリ○は、各マップが単体で存在するのではなく、
全部のマップを合わせて、一つの山になってるのが楽しいです。

冒険してる感じが凄く好き。




山の頂上!

ようやくギルバを追い詰めます!





ギルバ戦3回目です!
これがハナカンムリ○における、
ラスボス戦となります!





ギルバの攻撃パターンは3つ!

締めつけ攻撃

この攻撃がギルバの基本攻撃となります。
予備動作がわかりやすく、
タイミングを合わせて、ジャンプをしながら
横にほんの少しずれるだけでも、躱すことが可能です。


突き刺し攻撃

締めつけ攻撃2~4回後に、
この攻撃を行ってきます。

これは大きくギルバの左右にずれていないと避けられない攻撃です。
予備動作も無く、かなり躱しにくい攻撃で、
また、このときギルバを中心とした重力も発生するので、
フィアちゃんの制御がうまくいかずダメージを受けやすいです。

攻撃の対処法ですが、
締めつけ攻撃のパターンでは、
ギルバはフィアちゃんの真下に移動
してきます。
……ので、
ギルバがフィアちゃんの真下に移動して来ない場合は、
この突き刺し攻撃が来る。
と判断するのが分かりやすいです。

常にある程度の距離をとって戦いたいところです。


突き刺し攻撃後にギルバが硬直し、隙が出来るので、
ここに求愛を叩き込めばダメージが入ります。


求愛を3回完了させればギルバ撃破です。

万が一突き刺し攻撃を喰ってしまったあとでも、
求愛を狙えるタイミングはわずかに残っている
ので、
突き刺し攻撃を見たら、多少強引にでも求愛を狙っていきます。



冷気押しつぶし攻撃


突き刺し攻撃後の硬直時間以外のタイミングで求愛を当ててしまうと、
カウンターでこの技が発動します。

場所次第では非常に避けるのが困難な攻撃となってしまうので、
求愛のしすぎには注意です。




ラスボス戦ではありますが、
実のところ、そう苦戦してしまうような相手ではありません。

“マテルまてりあん”を使えば、
ギルバの磁力のMATを無効化することも可能ですが、
今回、そこまで磁力が厄介ということもないので、
それも必要ないと思います。


ここまで来たら作戦とか考えず、ガンガン攻めるのがオススメです!




そして、

倒せば!


ついに!


エンディングです!
















【感想】
これで、ハナカンムリ○の物語はひとまず終了です。
裏ステージとして、Area5が用意されていたりと、
ゲームの本番はまだこれからだったりしますが、
ストーリーの区切りとして、ほんのちょっとだけ感想を書きます。

無印の頃はかなり難解だったストーリーですが、
ハナカンムリ○では、すっきりとした仕上がりになっていて、かなり分かりやすいです。
リプラ、ギルバという敵の設定も分かりやすく明確で、関係性に取っ付きやすいです。
両親を助ける……という、分かりやすい目標を一貫して軸にフィアちゃんは行動し、
そこに鳥さん、メイちゃん、パコちゃん達が協力をしてくれるという形なので、
色んな要素が詰め込まれつつも、目標がブレてないというところも良い点です。

話のすべてに意味があり、
ストーリーがゲームの舞台としてピッタリ当てはまっている。
素晴らしい作品でした。

ストーリーに関しては、日記で触れられていない部分も多数あるので、
ぜひ実際にやってみて欲しいです。音楽も素晴らしいです。




終わり!!












だから……またいつか会えるよね!
ドリット!




Area5に続きます!



次の回へ

ハナカンムリ○ DLはコチラから!