リョナゲー紹介――『迷宮のマリオネット』


今回は、“迷宮のマリオネット”の紹介です。


『迷宮のマリオネット』
製作は“PCを窓から”さま!


今回も引き続きフリーゲームではなく、
有料のPCゲームの紹介
です。
かなり有名なゲームですね。

ジャンルは、見下ろし型のエロアクションRPGとのことで、
“リョナゲー”
……とはまたちょっと違ったりはしますが、

いわゆる苦痛責め描写が中心(に見える?)なことと、
ドット絵でのエロがメインで、
敗北CGとおまけ要素以外で、
ほとんど裸体にならない
ことを気に入り、今回取り上げさせて頂きました。


従って、
※多少はリョナ要素もありますが、
 エロ要素が強いゲームなので、
 エロ苦手な方は注意です!





ゲームの雰囲気はこんな感じですね。

魔法人形である主人公“クローディア”を操作し、
フィールドにうぞめく敵モンスターを倒しつつ、
ステージを探索、奥へと進んでいく形式。
エリアに分かれていて、それぞれにボス、中ボスが待ち受けています。

武器と防具(コスチュ-ム)はそれぞれ4種類(+1)ずつ用意されており、
それらに備わった能力を駆使し、
敵や状況に合わせた作戦を立てて、
切り替え使い分けつつ進みます。

難易度調整がちょうど良く、
ゴリ押しだけで進む……という訳にはいかず、
考えながら攻略するということが大切になります。

難しいアクションは要求されないので、
ゲームが苦手な方も、得意な方も楽しめる内容になっています。



さて、次にストーリーですが、
なかなかに重い設定のストーリーな反面、
テキスト量は少なめとなっています。

明確なストーリーがありつつも、
想像の余地があり、色々と考えさせれます。

重いストーリーとは言っても、
バランス的にはお笑い要素が多く、
人を選ぶストーリーではなく、
万人受けしやすいストーリーであると感じました。



丸呑み要素もありますよ!




……という訳で、
ここから先はエロ描写についてちょっと触れておきます!




最初に説明しましたが、
『迷宮のマリオネット』は、

・ドット絵

・着衣エロ


メインな作風となっています。



シチュエーションの種類も多く、
例えば、最初のザコ敵スライムに取り付かれる場合でも、
コスチュームによって印象がかなり変わってきますし、
状態異常の効果によって、
クローディアの反応やボイスが変化する
ので、
組み合わせによって様々なリョナを楽しむことができます。


これが通常状態。
何度も言ってますが、
裸にならないのが好印象です。


興奮状態だと、
自らお尻を向けるように。

これは個人的にはあんまり好きじゃないです。
とは言っても、ドット絵でかなりぼかされてますし、
局部は見えないので、
私でも平気な範囲内でした。
ボイスや、左上に表示されている表情も変わって作りが細かいです。


こちらは無気力状態
クローディアが敵に対して抵抗しなくなります。
仰向けになってますね。
静止画なのでわかりにくいですが、
実際のゲーム画面だと、
ゆさゆさ揺すられながら、弱々しい悲鳴をあげるので、
かなり可愛いです。





――さて、
『迷宮のマリオネット』ですが、
現在追加シナリオの実装準備中だったりします。


主人公は本編でのライバルだった“ベアトリス”さん。
※上の画像は本編中のものです。

追加要素はなんと、
3エリア4ボス!
本編と同じくらいのボリュームになるそうなので、
かなり期待が持てます。

「別ゲームとして出せばいいんじゃないですか?」
という声もあるみたいですが、作者さまによると、
「お買い上げくださった方向けのフリーゲームを
 作ってるもんだと思っておいてください」

とのことでした。


アップデートはまだ確定ではありませんが、
追加シナリオが実装されることを考えると、
かなりお得なゲームだと言えるんじゃないでしょうか……!


気になった方は是非!


迷宮のマリオネット DLはコチラから!