リョナゲー紹介――『異形の箱庭』


某掲示板で見かけた、“猫又ちな”さんの、
天使の羽をむしり取るイラストが素晴らしかったので、
その作者さんの製作されているフリーゲーム『異形の箱庭』をプレイしてみました。
猫又ちなさんのHPはこちらです。
一言で言うと最高でした!
今回は実際にゲームをプレイしつつ感想を書いて行こうと思います。





ゲーム画面はこんな感じです。
これだけでも面白そうな雰囲気が漂ってきますね。

全裸なのが残念ですが、
大切なところが見えていないかつ、
基本ドット絵なので裸嫌いな90的にもセーフです。



まずゲームは、部屋から脱出するところから始まります。
全裸なところを除いてはホラーな出だし。
私はホラーは好きですが苦手なので、
不穏な空気にビビりながら進めていきました。



ここで青いスライムの登場。
蹴りの攻撃でスライムを倒します。

システムとしては、こういう平面上のフィールドをそのまま使って、
敵を倒していくゲームみたいです。
ダッシュや蹴り等のアクションが出来ます。


スライムからの飛びつき攻撃……!

ホラー要素があるのかとドキドキしていましたが、
こういう描写があると、リョナゲーであるとばっちり認識できますね。
やられ動作が細かいので萌えます。

ちなみに画面はキーボードのAでズームしたりできるので、
好みのリョナが見つかった際はふうのさんにカメラを近づけるのが、
何かと便利だと思います。




スライムの死亡エンドは〝産み付け”。
こういうのは蜂などの虫がやるイメージがあるので、
スライムエンドでこうなるとは思いませんでした。

スライムを蟲って表現するのも珍しいですね。
というか青いのはスライムなのか……?
もしかしたら違うかも知れません(汗
ということで図鑑で調べてみると『worm』とありました。
スライムじゃなかったですw
ごめんなさい。

ちなみにGame Overaとなっても、
永遠とリョナられるふうのさんを眺めていることが出来ます。
この仕様はありがたいです。




――というか普通に難しいです!
ワームが倒せない……。
体力にも限りがありますし、
敵は倒すよりも避けて進むのが正しそうです。






落ちていた怪しい食べ物でお腹を満たしたふうのさん。

部屋に入ると、女の子の死体が……。
一瞬普通にびびりました!

この女の子に近づくと、先ほどのワーム(青い蟲)の幼虫が体の中から飛び出して来ます。
リョナられた後だったんですね。
ご愁傷様です。


先に進むには、この女の子の死体から鍵をもぎ取らなければいけない鬼畜仕様!
死体あさりです。





防火扉の開閉装置を発見しました。
作動させてみましょう。



扉が出てきました。
プレイ中は上から扉が降りてきてるのか、奥から手前に押し寄せてきてるのか、
若干分かりにくくくて戸惑いましたが、
この画像をみる限りでは、上から降りてきていますね。

……ちょっと試してみたいことがあったのでやってみることに。





ダン!
と激しい音とともにふうのさんがはじけ飛びます。

押しつぶされての切断です。




こちらでは工事してるみたいです。
製作中ということでしょうか。
完成が待ち遠しいです。









それでは最後にこちらのリョナを見て終わりましょう。

触手を持つ巨大なリョナ獣に狙いを定められるふうのさん。



嫌だ嫌だと必死に抵抗するふうのさん。



抵抗むなしくふうのさんは扉の向こうに引きずり込まれてしまいます。



ふふふ……扉の向こうでは何が起こっているのでしょうか。
妄想が広がりますね!









――――――――――――――

……いかがでしたか?
フリーゲームなのにも関わらず、
かなりクオリティの高いゲームなので、
リョナラーの方は十分楽しめる作品となっています。

まだまだ未完成みたいですがオススメな作品です。





↓以下私のgdgd感想等


しつこいでしすが、やっぱり、
常に裸なのがやっぱり残念でした。
私の性癖的にそこだけは譲れません!
……とは言え特に性器描写も無いですし、私でも不快な気持ちにならずに楽しめました。
ふうのさんがもじもじしつつ必死に胸を隠してくれているおかげですね。
間違ってもバージョンアップで性器描写追加しないで欲しいw

主人公が裸ということもあって、
最初はエリョナ寄りなゲームなのかなーとも思いましたが、
案外エロ要素よりも、例えばワームだと卵を体内に植え付けたりだとか、
最後のリョナ獣にしても、触手を持っているのにも関わらず、エロに発展しなかったりだとか、
実はグリョナ寄りなゲームなのかなと思いました。

ふうのさんが気持ちよさげにしたりしないですし、そこも好きです。
終始嫌がって拒絶する反応を見せていて、そこがまた可愛いです。

ただ、ちなさんのブログのアンケートやコメントを見る限りでは、
エリョナを望んでいる声が多いみたいですね。
私はエロには屈しない!